「自分を大事にする人がうまくいく」スタンフォードの最新「成功学」レビュー

自分を大事にする人がうまくいく
~スタンフォードの最新「成功学」講義


エマ セッパラ (著), 高橋 佳奈子 (その他)
出版社: 大和書房
発行日:2017/4/16

著者:セッパラ,エマ
フランス、パリ出身。

著者は、イェール大学卒業後、
コロンビア大学で修士号、スタンフォード大学で博士号を取得。
 

自分を大事にする人がうまくいく

 
<成功についての思い込みの間違った概念>

もし、
以下のようなことが成功理論だと思うなら、
古い成功理論に支配されてしまっているかもしれない。
 

  • 絶えず何かを成し遂げることが重要。
  • ストレスなくして成功はない
  • 何がなんでも頑張り通さなければならない
  • 特定の分野に注力すること
  • 力からのかぎりを尽くすこと
  • 一番を目指すこと

成功に関するこうした概念は一般社会の通念とされていて、
小学校時代に頭に植え付けられてしまう。

しかし、広く普及している成功の概念は、しごくまっとうなように思われるものの、
実際には信じがたいほどまちがっている。このやり方で成功をおさめた人々は、大きな代償を払ってきたのだ。

この本では、
幸福感という部分に重点を置いている。

幸福が成功に関係し、感情の状態も重要。
 

「自分を大事にする人がうまくいく」では、
幸せと成功を同時に手に入れる方法を紹介し、
章ごとに説明している。

第1章 未来を追い求めるのをやめるー生産性を「あげよう」とすると成功の機会が減る
第2章 「やりすぎ」からの脱却ー生まれ持つ回復力を鍛える
第3章 エネルギーをコントロールするー「冷静でいること」の隠れた利点
第4章 「何もしない時間」を増やすー創造性の秘訣
第5章 自分との付き合い方を変えるー「厳しい自己批判」の危険性
第6章 思いやりの力を理解するー「自己中心的な考え」が裏目に出るのはなぜか?

 

成功にストレスはつきものなのか?

「ストレスなくして成功はない」
このような考えは多いかも知れない。

しかし、
科学的にはこのようになっている。

ストレスにさらされて、駆り立てられるように働くことが成功の秘訣という考え方は広く受け入れられているが、長い目で見れば裏目に出ることが科学的に証明されている。長期の継続的なストレスは、成功をさまたげる一番の敵である。

精力を失わせ、仕事上もっとも必要な技術を劣化させてしまう。

自分を大事にする人がうまくいく P68

特に、慢性的なストレスには注意が必要。
ストレスには波及効果があり、周りの人のストレスも高めてしまうから。
 
疲れ果ててしまう前に、
スタンフォードの最新「成功学」を学んでみてはいかがでしょうか?

「自分を大事にする人がうまくいく」
 成功と幸せを手に入れる方法はこちら

⇒ 自分を大事にする人がうまくいく~スタンフォードの最新「成功学」講義