「メモの魔力」前田裕二さんの本の内容&読書の感想 。

そういえば、最近メモをとることないな〜

アレッ!?メモってどうやってとるんだろ?

今の時代はスマホだろ?
いや、やっぱり手書きか?

そんな疑問が沸いてきて、
本を購入してしまった。

その本が「メモの魔力」だ


著者:前田 裕二
出版社:幻冬舎
発行日:2018年12月24日

メモの魔力

メモってどうやってとるんだろ?

いきなり、このような形から、
「メモの魔力」に引き込まれていった。

メモの魔力の著者は、
メモ魔と呼ばれる、前田裕二さん。
(前作は人生の勝算)
 

今回は、「メモの魔力」というタイトルで、
メモの魅力を詰め込んだ一冊。

本書では、メモをとることは、
「人生のコンパス」とも言っています。

メモをとると人生が変わる!
僕にとってはメモは「生きること」」である。

そんな著者のメモへの熱い思いが詰まっていた。

メモ

この本は、
メモのとり方という小手先のテクニックだけが、
書かれている本ではなく、とても本質に迫る本。

もちろん、
著者が行っているメモのとり方が書かれていますが、
深く考えたり、自分と向き合えるようなメモの本です。
 

本書で言う「メモ」とは、
紙の切れ端や机に書くようなメモではなく、
メモを活用する方法。

どちらかと言うと、
メモ帳ではなく、ノートを書くことに近い部分がある。

そのメモが人生で迷ったり、
悩んだ時に活きてくることがあるのではないかと思う。
 

自分の
「やりたいことがわからない」

自分が
「やりたいことをみつけたい」

そんな方にオススメの1冊になっている。
 

「メモの魔力」がなぜ、
自分のやりたいことがわからない方にオススメなのか?
その理由は3つあります。
 

<1つ目>

著者がやりたいことをみつけた

著者のメモの原体験は、小学生の頃らしい。

小学校の頃から、
ノートにキレイに書いてまとめることをしていたのは驚きだ。

なぜ、メモをとることを始めたのか?
ということも書かれていたが、小学生の体験がベースになっている。

著者自身がメモをとることで、
人生を変化させてきた。

そして、現在へとつながっている。

書いたメモには、
きっと自分のやりたいことを見つけるヒントが詰まっているのだと思う。

 

<2つ目>
メモによってやりたいことが見つかる。

メモが自分のやりたいことを教えてくれる。

まず、メモをすることが、
自己分析になる。

「自分は何者か?」

考えや気持ちを言葉として書いて、
自分の目で見れるというのはとても大事なことだと感じた。

メモによって自分の感情も表面化してくるから。

それは、自分を見つめる上で欠かせないことだ。

そのようなメモ作業の中に、
自分のやりたいことが含まれている。

やりたいことがメモの内容から見えてくる。

 

<3つ目>
自己分析1000問がある。

本書の最後の方には、特別付録として、
自分を知るための【自己分析1000問】がついていた。

夢・性格・経験・家族・友人・仕事などに関して
自分を知るための質問があります。

この質問にノートを使用して答えていくことで、
なにかしら見えてくるものがある。

過去・現在・未来を考えることにもなるので、
自分自身を客観的に見る視点が磨かれるかもしれない。

時間をとって質問に、自分と向き合ってみるのは、
何かの気づきが起こるのではないでしょうか?

メモとペン

<まとめ>

「メモの魔力」を読んで感じたこと。

まず、メモを習慣化していくことが、
とても大事だと感じた。

習慣化には、とてつもないパワーがある。
習慣により、小さなことが大きな差へと変わる。

日々、メモをとる習慣をつけることが大事。
(すなわち、メモ魔になること。)

書いたメモには、何かの意味がある。

 
自分の使う言葉、書く言葉、
日々の言葉はとても大切なもの。

その言葉をメモによって、
具体化すること。
踏み込んで深堀すること。

なぜ?を問いかけ抽象化していくことが出来れば、
物事の捉え方が変わってくる。

これを習慣として、
日常で繰り返せたなら、1ヶ月後、半年後、1年後、
自分の考え方のレベルが大きく変わる。

考え方は積み重ねていくものだと思う。

先ほどの、
自分の「やりたいことがわからない」ということも、
具体化して抽象度をあげれば、自分の中にあるものが表面化してくる。

このような一連の流れを、
自分の中に習慣的に取り入れることで、
著者の言うような「人生のコンパス」になるかもしれない。
 

この本を読むことで、メモの魅力に気づき、
メモをとろうと思えるキッカケの一冊。

メモというよりは、
日記という形にして継続していくのも面白いと感じた。

⇒ メモの魔力

<追記>
ちなみにこの本のカバーを外してみたら、
書かれたメモが印刷されていましたよ!

メモの魔力

ぜひ、カバーを外して見てみてください。

残念ながら、
キンドルでは見れませんが・・・^^;

⇒ メモの魔力